NEWS

最新情報

  • 公開済み: 2020年06月24日
  • カテゴリー: 最新情報

リジュランカクテル特別キャンペーンのお知らせ

その良さを多くの方に知っていただくために、今までにない特別価格でご提供致します!

またとないこの機会をお見逃しなく!

リジュランカクテル

通常価格

特別価格

1本 7万円~10万円

4万円~7万円(7月末まで)


カクテル注射は2006年に当院で開発したメソカクテルが最初で、 その後何年にもわたり改良を繰り返してきました。 リジュランカクテルを開発するまでの経緯を少しご紹介いたします。

メソカクテルはプラセンタとビタミンに微量のFGF(線維芽細胞増殖因子)を配合した注射で、 血行を良くして皮膚のコラーゲンやヒアルロン酸を増やし、皮膚を若返らせて シワやクマを自然に改善するという治療ですが、回数が必要だったため その後メソカクテルにヒアルロン酸を混ぜたエセリスカクテルを開発。 ヒアルロン酸によってFGFが徐放化される(徐々に組織中に放出される)ため 効果が高まり、1~2回の注射で症状が改善できるようになりました。

シワの治療としてヒアルロン酸のみの注入はどこのクリニックでもしていますが、 ヒアルロン酸で物理的に凹んだ部位を膨らませるだけなので皮膚は若返りませんし ヒアルロン酸が吸収されると元に戻ってしまう上、 ヒアルロン酸が血管に入って詰まると皮膚壊死(皮膚が死んで黒くなる状態)や 失明といった重大な副作用が起こります。

これに対してエセリスカクテルは少量のヒアルロン酸をプラセンタやビタミンと 撹拌するので血管が詰まるリスクもなく、FGFの作用で皮膚が再生するので 安全に若返り効果を出す事ができる画期的な治療でした。

FGFは線維芽細胞を活性化させてコラーゲンやヒアルロン酸の産生を促し、 シワ・クマ・たるみを改善する強力な薬剤ですが、 多すぎると膨らみすぎる可能性もあるので、使用量を慎重に調節する事が必要です。当院ではこれまでの豊富な臨床データから症状に対する必要量を割り出す事ができ、 さらに初回は平均使用量より少なめにし、効果を確認してから 足りない場合は追加する方法をとっていますので、 副作用を最小限にして効果を出すことが可能です。

メソカクテルとエセリスカクテルは術後の腫れが強かったため 2011年から腫れないカクテル注射を研究開発し、 2013年には術後の腫れと効果を調節できるオーダーメイドエセリスカクテルを 開発して永年人気を博してきました。

カクテル注射は皮膚そのものを若返らせるので 一度効果が出ると、通常2~3年は元には戻りません。 老化を止める事はできませんのでメンテナンスは必要ですが、 先日10年前にカクテル注射を法令線に受けられた患者様がご来院され、 「最近また気になってきたけど、それでもまだ注射する前よりはいい」 と言われていたくらい、もちのいい方もおられます。 また、以前からカクテル注射を定期的に受けて若々しさを保っている方もおられ、 そういう方は皆、最初に受診された時よりも若返られています。

さらに2018年、ダメージを受けた皮膚を修復して お肌のキメやハリ、毛穴を改善するリジュランを導入し、 肌状態の改善にはリジュラン、深いシワやクマ・頬のこけなどの改善には カクテル注射を使い分けていましたが、その2つを融合する事で 肌状態もシワやクマも改善できるリジュランカクテルを開発致しました。 リジュランカクテルはカクテル注射よりも効果があり、 もちろんヒアルロン酸のみの注入のように血管が詰まるリスクもありません。

一方で、自分の血液から血小板を濃縮してシワやクマに打つPRP注入療法も 2008年から随分研究し、薬ではなく自分のもので改善したいという方のために 高濃度PRP注入療法を開発しましたが、PRPの濃度も測らずにFGFを混ぜて 膨らみ過ぎる副作用を出したクリニックがあったために国の監査が入り、 PRPを行うためには非常に大変な申請をしなくてはならなくなりました。

当院でも一旦申請を通したのですが、PRPよりもFGFの方が圧倒的に即効性があり、 使い方さえ間違えなければFGFも安全である事が分かっていたため、 2019年のクリニック移転を機にPRPは終了し、 コラーゲンを増やしてシワやクマを改善する注射治療は リジュランカクテルに1本化しました。 その後も多くの方にご満足いただいております。

07月 2020
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
08月 2020
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
  • は終日休診
  • は午後休診
  • は午前休診