fbpx

MENU/PRICE

診療内容・料金

メトホルミン療法 [詳細]

メトホルミン療法とは、院長が生活習慣の改善を指導し、アンチエイジング効果もあるメトホルミンというお薬を使って糖尿病やメタボリックシンドローム、さらには老化を予防し、健康と若々しさを保つ手助けをする治療法です。

食事から糖が吸収されて血糖値が上昇すると、膵臓から分泌されるインスリンというホルモンの働きによって糖は筋肉などに取り込まれ、通常血糖値は一定以上にならないように調節されますが、インスリンの分泌量が低下したりインスリンの働きが弱くなって高血糖が続く状態が糖尿病です。

日本人の糖尿病のほとんどは肥満や運動不足が原因で、遺伝的素因に過食・運動不足・肥満・ストレスなどの要因が加わって発症します。糖尿病の発症要因となる食生活や生活習慣は癌の発生リスクを高める要因とも一致し、糖尿病が発癌リスクを高める事が多くの研究で確認されています。

また糖尿病は全身の血管に障害が起こり、進行すると失明・腎不全・心筋梗塞・脳梗塞などの合併症を引き起こしたり、足の切断を要する事もある怖い病気です。しかし初期には症状がないので、注意しないと進行しやすい厄介な病気なのです。

内臓脂肪が過剰に蓄積する事によって代謝異常を引き起こし、血圧上昇・空腹時の高血糖・脂質異常などが見られる状態の事で、脳梗塞や心筋梗塞などの原因となる動脈硬化のリスクを高めます。

内臓脂肪が増えると、インスリンの働きを高める作用や動脈硬化の予防・血圧低下作用を持つアディポネクチンという物質の分泌が減少し、高血糖・高血圧が続いて動脈硬化が進行します。
また、インスリンの働きを妨げる作用を持つ物質や血圧を上げる物質・血栓を作りやすくする物質の分泌が増えて、糖尿病・高血圧・心筋梗塞や脳梗塞を起こしやすくなるのです。

メトホルミンは世界でもっとも広く利用されている糖尿病の治療薬ですが、近年健康寿命を延ばすアンチエイジング効果があるという研究報告が相次ぎ、抗加齢医学会でも注目されているお薬です。

メトホルミンは腸管からの糖吸収と肝臓での糖新生を抑制し、インスリンの作用を増強して筋肉・脂肪組織での糖利用を促進する事で血糖値を下げる効果があります。
高血糖と高インスリン血症は老化と癌細胞の増殖を促進するため、細胞のインスリン感受性を高めて血中のインスリン濃度を低下させるメトホルミンは、老化と癌の予防に有効であることが多くの研究で明らかになっています。
メトホルミンは癌細胞の増殖を抑えるAMP活性化プロテインキナーゼという酵素を活性化し、細胞内で細胞の癌化・老化を促進するmTORC1という酵素の活性を阻害する作用もあるため、癌の発生率を抑え、老化も抑制するという研究結果も示されています。

米国立老化研究所では、メトホルミンを投与したマウスはそうでないマウスに比べ摂取カロリーとコレステロール値・腎臓病や癌の発症が減って寿命が5%延びる事が明らかになったと報告されました。
英国では18万人以上、米国でも15万人以上の大規模研究で、メトホルミンで治療した糖尿病患者の生存率は糖尿病でない人よりも長生きする事が示されています。それらの大規模研究で、英国ではメトホルミンは糖尿病予備群にも有益な効果があるという結果も示され、米国ではメトホルミンを投与された70歳代の糖尿病患者は糖尿病でない人に比べ死亡率が15%減少したと報告されました。
台湾での80万人を対象にした大規模研究では、糖尿病で血糖降下剤を服用していないグループでは大腸・肝臓・胃・膵臓癌の発生率が非糖尿病グループの約2倍高く、メトホルミンの服用によってそれらの癌の発生率は非糖尿病グループのレベルに低下する事が示されました。

他にもメトホルミンを服用していた糖尿病患者は体重増加がなく、癌に罹患する例が少ないという研究結果も多く発表されており、心臓血管疾患・認知症の抑制効果も注目されています。
また、世界的ベストセラー書籍「LIFESPAN(ライフスパン):老いなき世界」にも、著者の父は75歳でNMNとメトホルミンを内服し出してから若者のように元気を取り戻したとの記載があります。

メトホルミンは60年以上の使用実績があり、副作用が少ない事でもよく知られています。

メトホルミンは院長の指示を守って適切に服用する事で、糖尿病やメタボリックシンドローム・癌や老化の予防に役立つと考えられ、同時に生活習慣も改善すれば、結果として美しく痩せる事も可能です。

当院でのメトホルミンのモニター試験では、体重減少は平均4.1kg、腹囲の減少は平均7.6cmで、中には15㎝減った方もおられました。血液検査に異常値があった方も改善が見られ、腹囲の減少においては通常のダイエットでは得られない効果があり、代謝が悪く痩せにくい方もメトホルミンの量を増やしたりナチュラルホルモン補充療法を併用すると痩身効果が出ました。
副作用としては稀に腹痛・下痢・吐き気などが見られましたが、1~2日の休薬や減薬で改善し、大きな副作用は見られませんでした。

「年齢と共に徐々に体重が増えて、お腹周りに脂肪がついてきた。最近疲れやすい…」そんなあなたは、すでに糖尿病やメタボリックシンドロームの予備軍です。病気になってからではなかなか治らず、様々な制限が必要となってQOL(生活の質)が極めて低下してしまいます。
また糖尿病の予備軍では、インスリンの働きが弱くなった事を補うために体がインスリンの分泌量を増やして高インスリン血症になるため、糖尿病よりも癌の発生率が高く老化も進みやすいという研究報告もあるのです。

さらに血液中に余分な糖があると、体内の蛋白質や脂質と結びついて老化促進物質であるAGE(糖化最終生成物)を作り出し、細胞を劣化させてシワやくすみ、シミなどを作ります。それだけでなく、AGEは動脈硬化や白内障・アルツハイマーなど多くの病気の原因となる事が知られています。
病気になる前に早めにメトホルミン療法で対処して、美と健康・若々しさを手に入れましょう!

めったに起こりませんが、乳酸アシドーシス・横紋筋融解症などの副作用が起こる可能性がありますので、医師の指示を守って服用してください。
腹痛・下痢・吐き気などが起こる事がありますが、通常休薬や減薬で改善します。

・中等度以上腎機能障害のある方、重度の肝機能障害のある方、心不全の方、過度のアルコール摂取者、脱水症、脱水が懸念される下痢などの胃腸症状のある方、 重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある方には処方できません。
・メトホルミンは食直前又は食後に服用して下さい。
・激しい筋肉運動・過度の飲酒(ビール大瓶2本・日本酒2合・ワインボトル2/3以上)は避けて下さい。
・胃腸症状、倦怠感、筋肉痛、過呼吸等の症状が現れた時は服用を中止して下さい。
・発熱、下痢、嘔吐、食事摂取不良等の体調不良時や感染症・脱水症状がある時は服用しないで下さい。
・低血糖症状(初期症状:脱力感、高度の空腹感、発汗等)が認められた場合には糖分を摂って下さい。
・ヨード造影剤を用いて検査を行う場合には、服用を一時的に中止して下さい。
・利尿剤・抗生物質・β遮断剤・糖尿病用薬・アスピリン等のサリチル酸剤・モノアミン酸化酵素阻害剤(抗うつ薬や抗パーキンソン病薬)・蛋白同化ホルモン剤との併用は避けて下さい。

メトホルミン療法 料金一覧
        初回血液検査 10,000円
        ホルモン検査     5,000円
    ダイエットコースA(1ヶ月分) 70,000円
    ダイエットコースB(1ヶ月分) 60,000円
    アンチエイジングコースA(1ヶ月分) 50,000円
    アンチエイジングコースB(1ヶ月分) 40,000円

*料金は全て税抜価格となります。

*メトホルミンの処方と生活習慣指導の他、月2回のプラセンタ・ビタミン点滴と月1回の血液検査を含みます。
*初回血液検査の後、1週間の生活習慣表を付けていただき、指導の必要度によってAかBかを院長が判断します。費用は1か月分が先払いとなります。
*45歳以上の方は初回にホルモン検査も行います。足りないホルモンはできるだけ補充して下さい。(ホルモン剤:費用別)
*お薬を服用後、副作用症状がないかの記録表と生活習慣表を付けていただきます。(体重はアンチエイジングコースでは週1回、ダイエットコースではできるだけ毎日測定して記入してください。)
*月2回の点滴時に診察を行い、初回は月2回WEB診察も行います。(診察前に記録表をお送りください。)
*ダイエットコースでは点滴時に体重測定、月1回写真撮影とサイズ測定を行います。


【遠隔地治療の場合】
*お近くの医療機関で指定項目の血液検査を受けていただき、結果をFAXまたはメールでお送りいただきます。 (45歳以上の方はホルモン検査も受けていただきます。)
*1週間の生活習慣表を付けて頂き、指導の必要度によってAかBかを院長が判断します。
*WEB診察で生活習慣指導を行い、メトホルミンと1か月分のプラセンタ・ビタミン剤をお送りします。1か月分の費用を代引きとさせていただきます。
足りないホルモンがある場合はできるだけ補充していただきます。(ホルモン剤:費用別)
別途送料700円(北海道は1000円、沖縄は2000円、離島はその都度要確認)および代金引換手数料600円(税別)がかかる事をご了承ください。
*お薬を服用後、副作用症状がないかの記録表と生活習慣表を付けていただきます。体重はアンチエイジングコースでは週1回、ダイエットコースではできるだけ毎日測定して記入してください。(ダイエットコースでは月1回サイズ測定と、できればご自分で写真撮影をしてください。)
*1ヶ月目は毎週、その後は月2回WEB診察を行います。(診察前に記録表をお送りください。)
*約1ヶ月後にお近くの医療機関で指定項目の血液検査を受けていただきます。結果はFAXまたはメールでお送りください。

※料金は全て税抜です。

01月 2022
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
02月 2022
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
  • は終日休診
  • は午後休診
  • は午前休診